2017年6月 1日 11:10

川越 桧、杉たっぷりの家づくり Ⅳ

DSCN4266.jpgDSCN4270.jpgDSCN4263.jpgDSCN4265.jpgDSCN4280.jpgDSCN4267.jpgDSCN4281.jpg和室天井材 杉板を並べ

木目を確認しています。

秋田杉、厚さ4分、幅8寸。

無垢の天井材を使用する

ことは、少なくなりました。

回縁、桧。 竿縁杉。

やっぱり無垢は、いいです。

時間の経過と共に余計に

味わいが出てきます。

しぶみがでてきます。

人間もこんな風になると

いいんですが。

 

 

 

 

外壁は、そとん壁。

下塗り。

「材料の粒子が粗く、塗りこ

むのに、普通のモルタルの

3倍の力が必要で、腕が

パンパンになる。」

左官屋さん泣かせ!

 

 

 

そとん壁

上塗り。

 

塗った後、掻き落とし。

剣山のような道具で

上塗りが、生渇きの状態の

時に、掻き落とします。

 

外壁は、工期短縮、予算

削減、などの理由で、乾式

工法が多く採用されるように

なっています。サイディング、

仕上げがその代表でしょう

か?

 

塗り壁工法の欠点は、

クラック(ひびわれ)が

入ることでしたが。

TIP工法で、下地材を斜め

45度に張ることにより、

壁の変形を抑えることが

でき、クラックの発生は、

ほとんどありません。

そとん壁は、

素材そのものの色ですので

20年経っても、それなりの

いい感じの落ち着いた色

が保てます。もちろん塗り替

えの必要はありません。

長い目でみれば、お徳です。

無垢の木を使うのと、よく似

ています。

 

下駄箱。無垢材。

天板は、榎木

その他は、杉。

 

樋工事。

シームレスアルミ。W=155mm

 

現場に来て、樋の長さにあわ

せ、つくります。

ところてんの要領で樋が

出てきます。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ