2017年11月28日 13:42

槍ヶ岳、焼岳、甲斐駒、仙丈ケ岳

DSCN4729.jpgDSCN4730.jpgDSCN4735.jpgDSCN4739.jpgDSCN4743.jpgDSCN4746.jpgDSCN4751.jpgDSCN4769.jpgDSCN4770.jpgDSCN4773.jpgDSCN4775.jpgDSCN4692.jpgDSCN4697.jpgDSCN4700.jpgDSCN4703.jpgDSCN4711.jpgDSCN4804.jpgDSCN4806.jpgDSCN4808.jpgDSCN4816.jpgDSCN4827.jpgDSCN4828.jpgDSCN4833.jpgDSCN4838.jpgDSCN4841.jpgDSCN4849.jpgDSCN4850.jpgDSCN4852.jpg今シーズンは、思い出に残る山行を結構しました。

 

まずは、昨年に続き、9月の

播隆祭に合わせて槍ヶ岳に

登りました。

上高地~横尾~槍沢ロッジ

槍沢ロッジで、ワインで乾杯

播隆祭の前夜祭。

 

天気予報では、台風直撃。

外れて、いいお天気に

恵まれました。

 

翌日も晴れ、天狗原から

槍ヶ岳を目指しました。

 

槍ヶ岳は、やはり特別な

山。

 

昨年、槍ヶ岳山荘に泊り、

播隆祭で、「槍ヶ岳の歌」

を150人?

ぐらいの人と、オカリナ+

ギターで大合唱。

あまり調子が良くなかった

ギター。

今年は、新しい紺色のギター

をかついて、登りました。

 

山荘で、紺色のギターを

見かけたら、

吉野が2017年に持っていた

ものです。

 

山頂も、昨年に続き登頂。

 

夕焼け、ご来光にも、手を

あわせました。

 

 

3年続けて来年も兆戦?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「焼岳噴火」のニュースが

流れました。

麓にいて、山小屋に連絡

したら、「何時もと変わりない

」という返事。

登って来ました。

山頂から、火口をみると、

モクモクと煙が上がっていま

す。活火山ですからあたり

まえなのですが、

御岳山のことが、脳裏を

横切り、5分足らずで、山頂

を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて槍ヶ岳を見たのは、

15歳の夏、甲斐駒ヶ岳山頂

からでした。

 

北沢峠から、48年ぶりに

甲斐駒をめざしました。

15歳の時の記憶も厳しい

ものでしたが、

48年経っても、やはり厳しい

登りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

翌日は、仙丈ケ岳。

こちらも48年ぶり。

仙丈カールの雄大さは、

さすがでしたが、

鹿害のため、お花畑が見る

も無残なくらい小さくなってい

ました。時間の流れを

感じました。

 

48年前は、ここから、縦走

して、北岳、間ノ岳、農取岳

でした。

今回は、麓に下りて、温泉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ